海外旅行の際はコレに気を付けよう!トラブルを回避するためのポイントとは?!

持ち出し禁止の場合もあります

海外に行くと、珍しいものや気に入ったものは可能な限り持って帰ろうとしますよね。特に、日本では手に入りにくいものだと、財布の紐が緩んでしまうことも多いものです。現地での買い物は、旅行の記念にもなりますし、自分用、友人用に土産を購入するのは悪いことではありません。けれど、注意しなくてはいけないこともあります。それは、物によっては国外に持ち出しが禁止されていたり、申告が必要なものがあるといった点です。国によって持ち出しが禁止されている品物は変わるので一概には言えませんが、食べ物や植物の種といったものには注意が必要と言えます。空港の荷物検査で止められ、該当商品の全てを捨てるといったことにならない様、事前に持ち出しの不可について確かめておくことも大切です。

個数や重量制限の確認は必須です

海外旅行でのトラブルと言えば、やはり荷物に関する問題が挙げられます。現地に到着したものの、荷物が行方不明になって届かなかったり、スーツケースの鍵を壊され、中を開けられてしまったといった話はよく耳にします。また、預ける荷物の超過量を減らそうと、空港のカウンター付近で荷物を広げている観光客の姿も珍しくありません。特に、帰りには土産などが加わり、荷物が増えてしまうので注意が必要です。超過料金を払えば追加の荷物を預かってもらえる場合は多いですが、全体的に割高なのは言うまでもありません。また、利用する航空会社によって、荷物の個数や重量制限のルールは変わって来ますので、しっかりと確認しておくことが大切です。

アドドドヴェンチャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です