福島で外せないスポット!大自然と伝統的神事を楽しんで

沼ごとに違う色を堪能して

復興支援のためにも、福島へ旅行することを考えている人がいるかもしれません。福島は雄大な自然が残る土地で、「うつくしま」の別名を持つほどです。アウトドア好きが出かけるべきは、県のシンボルである磐梯山です。6つある行き方の中で、初心者向けの短距離コースとなるのは八方台登山口コースです。往復で4時間弱なので、トレッキング旅行にぴったりではないでしょうか。それから、小磐梯山が噴火した後にできた7つの湖沼、五色沼も観光客に大人気です。水の透明度が高く、日の当たり具合や沼の深さなどによって色彩が変わります。それぞれの沼を見ながらハイキングするために、五色沼探勝路が用意されています。ほとんど勾配のないコースで、歩くのが早い人であれば、往復時間は2時間ほどです。登山まではしたくないという人も安心でしょう。

千年以上の歴史を持つ神事を見逃さないで!

歴史好きなら見ておきたいのが、相馬野馬追です。南相馬市で例年7月下旬の3日間に行われる伝統的神事です。
相馬野馬追で参加する騎馬武者は何と500騎以上、身に付けるのは先祖代々受け継がれる鎧兜です。町中を練り歩きながら神旗争奪戦のために雲雀ヶ原へ向かいます。そして、最終日には小高区小高神社では放たれた裸馬を竹矢来で追い込み、お清めされたお小人が最も勇猛な馬を素手で捕まえ、奉納します。相馬野馬追を見て馬に乗りたくなったら、南相馬市馬事公苑に訪れるといいでしょう。乗馬体験を主体にして、様々なイベントを行っている入場無料の施設です。広大な敷地は自然豊かで、日頃のストレスも緩和されるでしょう。ディスクゴルフコースもあるので、運動不足も解消できるかもしれません。

アドドドヴェンチャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です